--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

We are samurai nation !!

2011年03月28日

デイリースポーツ
110328daily

みんなが思っていたように 私も

聖ならね
聖だから
いつかは行くだろうと思ってました

26日明け方
親友さんのメッセージを読んだ時

あ・・・
ついに 決行したんだ
胸が熱くなった


被災地に比べれば 全然恵まれているはずの東京でさえも
余震・原発・物不足・計画停電などなど
今まで経験したことのないことが次々と起きて
まだまだ自分のことで精いっぱいだった
あの震災から たった6日の間で
彼らの熱いメッセージと決意を受け取った時

聖を引きとめているのは 状況判断しなくてはいけない理性だけで
心は 今すぐにでも飛んで行って 
できることをしたい想いに駆られているのだろうなと
痛いほど 伝わった


大切なお友達のことも
大切な捷冶くんのことも
不安な想いを抱えた被災地の人たちみんなに
少しでも できることはないかと考え続けていたのかもしれない


超聖担の娘は
聖の無事がわかった途端
心配の方向が また変わって
聖が事務所に止められても被災地に向かうんじゃないか
なんらかお咎めを受けるんじゃないか
余計なストレスを聖に与えたくないとそればかり言っていた

避難所から 感動の声が次々と流れ聞こえてくる週末も
私のように 無邪気に感動したり喜んだりできなかったようで
今朝のニュースで 事務所の容認がわかった途端
本当にホッとして安心してた


有名だからこそ できることもあるし
有名人だからこそ ストレートに受け取ってもらえない場合や
すぐに行動に移せないしがらみも たくさんあるだろうけど

聖はそんなもの 軽々と跳び越して
それも全て背負い込むことは承知の上で
ただ 自分にできることを
自分の歩幅で ストンと跳んでみせてくれた


But we have always got over stand up Japan.
We are samurai nation !!

今までの聖と なんら変りない
相変わらず 清々しい漢っぷりがうれしくて
泣けてきます

そしてその想いを一緒に分かち合って
共に考えて分かち合ってくれる仲間がいることも 
聖の誇りだね


今回の田中聖としてのやり方と
KAT-TUNの田中聖としてのやり方は また違うのかもしれない

でも こんな真っ直ぐな想いを
ラジオだったり テレビだったり Webメッセだったり
その瞳や 声や 文章から
KAT-TUNみんなが それぞれのやり方で
できることを示してくれているのが伝わってくる

ちっぽけな私たちが 日々少しだけでもできることに
力を与えてくれる KAT-TUNのみんなが誇りです

「ひとつになろう」

改めて 同じ時代を一緒に歩いてくれていることに感謝
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

デビュー5周年

2011年03月22日

東北関東地方にとっては未曾有の大震災を経て
まだまだ大変な思いをされている方もたくさんおられると思います

お祝いごとは不謹慎かもしれないけれど
こんな時だからこそ
なおさら大切なものが大切に感じる今日

KAT-TUN デビュー5周年おめでとう!

もうこのままなのかもしれないと気をもんでいたデビュー前から考えたら
まだ5年なのかもしれない

でも
おそろしく中身の詰まった
もしかしたら 10年分にも思えるほどの
大切で濃厚な5年間だったようにも思えます

思えば
何とは言い切れず 
行き場のない不安を感じながらお祝いしていた4周年

彼らが KAT-TUNをどう考えているのか
事務所がKAT-TUNをどうしたいのかが
だんだん霧に霞んで
見えなくなってきたような中
それでも
彼ららしく
彼らの信じる道を目をこらしてみつめ続けてついて行こうって思ってた

3日後のショックで
かなりの長い間
虚ろな日々が続く中

それでも必死に彼らの船影を追いつづける内に
たくさんの想いを伝えようと懸命に努力してくれた彼らの気持ちと
それぞれの打ち出すもののパワーの強さに涙した日々

より大きな帆を張って
力強く進み続けるKAT-TUNが大好きです


6人で船出したはずの海路は
気づけば2つに別れたけれど

そのどちらの航海にもたくさんの光が降り注ぎますように

LOVE PIRATES
いつもありがとう



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。