--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1ポンドの福音 Round 4

2008年02月03日

今日は東京は朝から雪景色でしたね
寒くてもやっぱり冬は冬らしくがいちばんだなって眺めてました
明日の朝の通勤や通学に影響が出ない程度の降り方がいいんだけどな
それから、まだまだ続く受験生にも影響がありませんように

昨夜の1ポンド
若王子@黄川田くんもルックスに似合わず立派なヘタレぶりだったし、
試合シーンもバッサリなかった地味な展開だったけど、
私は心の奥底に温かいものが残った、大好きな回でした

冒頭、初めて見る児島@浪岡さんの試合シーンから
へぇ~ 児島のリングネームって " サムライ児島 " なんだ(笑)

上田@高橋くんの提案で、走っている車の中の人を見分ける訓練
やっぱり耕作って動体視力がいいんだ
特に食べ物はしっかり見分けるのね
「コーヒーにゅう乳飲んでましたっ」 って、にゅう??になるとこが可愛い
おかげで見なきゃよかったシスターまでみつけて寄り目耕作

台本通りなのかアドリブなのかの境目がわからないほど、
亀色のおバカフレーズが、どんどん冴えまくってるね

「 たい焼きも、まだ1匹しか食べてないんでダイジョーブです 」
「 これでたこ焼きが何タコ買えると思ってるんですか? 」

食べ物にも動物数えしちゃうお茶目さは、亀耕作ならではだから ?!

他にも
「 LOVE LOVE PUNCH! LOVE PUNCH! 」

「 カツ玉牛の香り、そしてそのぬくも~り 」
「 俺はカツ玉牛と共に去りぬ 」
「 なんで? ナンデナンデ? 」


ついには、今回の決め技
「 ボボボボ ボクシ----------ングっ !! 」

なんだか耕作の言葉ってウケ狙い以上に、可愛さ+リズム感があるんだよね
この辺、かなり亀梨スパイス効いています♪
金田一のはじりんや野ブタの修二もそうだったけど、
今回はこの亀のフットワークの軽さを全面的に活かしたキャラになってるから、
「ばっかだなぁ」 ってふっと笑ってしまえる愛らしさがある
ドラマ好きなくせに辛口(特にジャニにはうんと辛口)の友人が、
ボンビーよりもなぜか腹が立たないと言ってくれたのは、
ここにポイントがあるような気がします


そんなテンポのいいおバカシーンはもちろんだけど、
今回やっぱりきちんと切ないシーンを魅せてくれた耕作はオイシかった

アンジェラが若王子さんの店を手伝っているとこを目撃し、
「もう手伝いまでしてるんだ・・・
シスター! しあわせになって下さい 
・・・さよなら」

この時のせつない表情も胸が苦しくなるんだけど、
走り去る後姿がなんとも言えずに青春してていい
亀のこういう姿勢って、今時珍しい位しなやかで美しいんだっ♪

極上のシーンはやっぱり
夜中にジムのリングで寝そべるとこ
「いろいろご迷惑をおかけしましたが
畑中耕作 シスターアンジェラをあきらめることにしました」

その後のボクサー仲間それぞれのキャラに合った気遣いも泣けたし、
減量をわかっていて上田が差し出すおにぎりを涙こらえて食べた一言
「うまい・・・」
亀の泣きは、「さぁ泣け!」 っていうものすごい余裕を見せつけるわけでないのに、
実に自然ないい涙を流すのよ
「ごくせん」 の時も思ったんだけど、その辺にいるフツーの子の涙みたいな、
底力を感じさせない、いい意味で肩の力の抜けた涙
(褒めてるのかケナしてるのかわからないけど、ここは褒めてるつもり)

翌日ジムでの計量シーン
仲間との結束具合も爽やかでよかった
トレーナー三鷹さんに 「今日から水断ち!」 って言われて、
「ハイッ!」 って敬礼する耕作が、抱きしめたくなるほど愛おしい

今回一番好きだったのは、修道院での食事会の話題が伏線となって、
ラストに続く 『 しあわせに思う瞬間 』
日常の些細なしあわせを語る院長の笑顔は、もたいさんならではの仕事
試合前に 「これでシスターがいれば・・・」 なんて、
まだしょげかえってる耕作に話す、上田の言葉のひとつひとつも大事だった
「しあわせだろ? 好きな女がいて、好きなボクシングができて」

そして試合後、扉の向こうにsisアンジェラが立っていた時は、
原作通りの展開とわかっていても、やっぱりドキーンとしちゃった
一列に並ぶ向田ジムの面々が、
あっけにとられて気を利かせて立ち去るとこがまた大好きでね
こういう 「2人っきりにさせなきゃ」 っていう青春っぽいシーンって、
今でもやっぱり大好きなんです
残された2人のうれしさと気まずさの入り混じった表情が、
甘酸っぱい香りに包まれてて、胸がきゅ~んとなる
このドキドキ感をきっちり意識している恋愛ものは案外少ない
「好きだ」 をただストレートにぶつけてる繰り返しなのに、
心の奥底にある秘めた想いをきちんと描いている素敵なドラマになってきた

「なんで来たんですか?」 っていう耕作の問いに、
「なぜでしょう・・・」 って答えてしまうアンジェラ
そうなんだよ 好きっていう気持ちに理由なんかつけられない
「俺、シスターのことしあわせにできないかもしれないけど
俺はシスターのこと好きなだけでしあわせなんです
だから、これからもまだまだシスターのこと、好きでいていいですか?」

もぉこれファンとしてはある意味名セリフ 
この言葉、そのまま亀に捧げたいっ!

この自分に言い聞かせるような素直な耕作の言葉に、
一見はぐらかすようにも聞こえるアンジェラの答え
「あ・・・時計の針が重なる・・・」
しあわせそうなアンジェラの微笑み
耕作はバカだけど、アンジェラのしあわせそうな笑顔を見て、
しあわせを共有することができる感性を持ってる
恋人でも夫婦でも友達でも、
お互いまったく違う成り立ちの人間の心が通じ合う瞬間って、
こういうことなんだと思った
細かい理屈なんかじゃなくて、相手を想う気持ちでしあわせを共有できれば、
その瞬間が自分にとってもしあわせっていう、
大事なことを思い出させてくれる大切なシーンでした

エンディング後には、うれしいCDプレゼント告知
「シスターアンジェラもおすすめだよっって、ぶりっこ耕作、いや、亀か???
もぉ~、果てしなく可愛いじゃん!
その調子その調子っ♪


コメント

  1. ココ | URL | -

    可愛かったですぅ~耕作亀ちゃ~~ん
    LIPSのあのセクシー亀ちゃんと
    同一人物に思えないくらい・・・かわいぃぃi-175
    私、黄川田くんちょっぴり好きだけど
    耕作の前では霞んでしまいました・・・
    時計の針が重なる
    で唇も重なる?と期待したのは私だけでしょうか・・・
    気が早すぎですね、すみませーーん

  2. はじめ | URL | qoxliua6

    ほんっっとに上げ下げの激しい耕作ちゃん!演じてる亀も大変だと思うわー。
    「好きでいられるだけで幸せ」って、それはほんとに私たちファンの気持ちだよね!!
    今回も全力出し切った亀の演技に脱帽~~!

  3. なつめ>ココちゃん | URL | Xnq8k9Uo

    ココちゃんへ

    ココちゃんが黄川田くんちょっと好きって言ってたの見て、
    すっごく納得しちゃった私(笑)
    なんとなく品のいいキャラだもんね

    耕作、かわいすぎるぅ~~e-266
    かわいすぎてドつきたくなる位i-175
    LIPS亀とのギャップも同時に堪能できて、もぉ幸せすぎですv-10

  4. なつめ>はじめちゃん | URL | Xnq8k9Uo

    はーちゃんへ

    耕作はほんと疲れるだろうね~
    でも中途半端じゃなく、どんどんやり切ってしまっているのが気持ちいいよ
    あのセリフはみんなの自担への想いそのものだよねi-178

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://natsume0223.blog112.fc2.com/tb.php/231-bb62aa3c
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。