--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TVぴあ 9/10号

2008年08月27日

TVぴあの東京ドームレポかなりいいとこ押さえてくれてて好き
計4P それぞれの写真は小さいし、
ドル誌みたいにクリアな映りばかりのチョイスじゃないけど
かえって客席視線のショットに、
またまたライブの興奮が甦ってくる
何回だって反すうできるものなのよね (〃∀〃)


仁雄聖のぐだぐだ千手観音なんて、よくぞ載せてくれたっ!
ゆっちのうそ泣き顔も、引きショットだけどいちばん可愛い
シクセンハーフアップ亀のショットも、なんとな~く角度が好み

オープニング スクリーンのロクーンショットも含めた引き画像とか
この全景って、初回位しか長く観れた記憶ないんだよね
眼を閉じてすっごく美しいショットなのにもったいない
亀の降りてくる位置がわかってからは、
いつも無意識に双眼鏡で暗闇をガン見してたもので
せっかく超天井席だったんだし、
最終日位このスケール感を一瞬ぐらい味わえばよかった^^;
だって、葉っぱくわえた海賊亀の射るような冷たい目線を
一秒でも長く見ていたかったんだもーん

その、葉っぱくわえた亀
各メンバー枠が全員ゴンドラショットだから、
しっかり掲載されててうれしい (≧∀≦)

大好きなお座り仁のパイプふかしや、
聖の酒瓶スポーツドリンクぐびぐびショットもいいなー
じゅんのゆっち竜っちゃんも、お人形みたいで素敵
こうして眺めていると、この姿の完全再現フィギュア6体、
まじ欲しいんですけど


今回は、写真の下の各英単語が割と言い得ていて、コピーを上回る位いいかも
亀のチャレンジ精神は、
もうちょっと優雅に横道に遊ぶ感じでfightとはちょっと違う気がするんですけど
他の5人はかなり想像が膨らみます

あ! 亀ちはgraceful なんてどうでしょう
ちょっと言いすぎですかね (^^ゞ
でも、わたしにとってはたぶん、
全員につけられた6個の単語ぜーんぶを亀が持っているから、
好きで好きで仕方ないんだろうなぁ

亀梨和也   Pirates of Fight
正統派アイドルの系譜を守りつつ挑む可能性

赤西仁    Pirates of Charm
クールと熱気を併せ持ち 観客の心を自在に操縦

田口淳之介  Pirates of Acrobatics
人を楽しませるのが使命 生粋のエンターテイナー

田中聖    Pirates of Faith
自分の世界を貫く 恐れを知らぬ開拓者

上田竜也   Pirates of Wonder
笑顔で包み込む? 不思議世界の王子様

中丸雄一   Pirates of Kindness
超個性派集団における 親しみやすさの象徴


仁のcharm が、日本語的なチャーミングみたいな愛嬌系じゃなく、
魅力的・うっとりさせる・惹きつけるといった、
この言葉が、つくづく似合う男だなと感心した
井沢晶子さんのテキストも、仁のコーナーがいちばん油が乗ってて好き
僕街アカペラ
「本人の口からは決して明かされないであろうが、本物の熱さがある。」
この一文には泣けちゃった

MCキャプションで、聖 「(KAT-TUN だけになると)絵面が汚い」 とか
上ぽむ名言
「夜も中丸君の楽しい時間だね♪」 を抜いておいてくれる辺り
さすが、往年のジャニヲタライターさんとニヤリ

井沢さん、もうちょっと亀に入れ込んだテキストプリーズ!
亀のこと正統派と言いつつ、
私が思うにこの方の好み、どストレートですもん(笑)

とかいろいろ言ってるけど、
トータルではTVぴあらしいライブレポートでお気に入りです



ところで、昨日は深浦加奈子さんの訃報に驚いてしまいました
いい女優さんだったのに残念です
野ブタで修二くんのパワフルでキュートなお母さんだったもんね
亀もびっくりしてるんじゃないかな
こんなに早く旅立たなければいけないなんて・・・
人間、ほんとにできる時にやりたいことやっとかなきゃって、
ますます痛感しました
ご冥福をお祈り致します


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://natsume0223.blog112.fc2.com/tb.php/495-76b962a3
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。