--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試練がちゃんと糧になる

2009年03月06日

1日遅れで届いた 神の雫 Photo Book

表紙って その本の顔だけあって
さすが絶妙なバランスの最高に良い写真使っててうれし涙

その表情の奥には
微笑みや 憂いや 挑発や 慈しみや
強さや 弱さや
全ての感情に変化しそうな 
一歩手前の一瞬を静止させている気がする

こういう風に書くと まるでモナリザみたいだね
その位 奥深い表現力を身につけた亀が凝縮されている
素敵な1枚だと思います

第1話にしてすでに ドラマにはちっとも乗り切れずにいた私だけど
それでも 雫んは愛おしくて仕方なかったから
こうして その表情のひとつひとつが焼き付けられた写真集は宝物です

いつもながら外野の砲弾は抜きにしても
このドラマには自分としても言いたいことがいっぱいあったけど
それでも 亀は輝きをいっそう増しているし
この経験が きっと 亀の糧になることは不思議なほど信じられた

そして 今回のこの本で
改めて 亀の言葉として こんなことを綴られると
うれしくて 頼もしくて 胸がいっぱいになる

優等生的でもなんでもなく
これを心のある部分で ちゃんと本気で思っているところが
亀の素直さと強さなんだね


試練がちゃんと糧になるんです。

いい年も悪い年もあるけれど、
ある程度のレベルに達するものを造ろうって努力することもある。
その最低ラインを維持するのも、
人にとって大事なことだと思う。
どんな状況にあっても、
やるべきことはやるよと。
仕事でもプライベートでも、それが大人の責任じゃないかな。

自分でも、ひと回り大きくなれた気がするんですよ。
この経験が、どんな実になってどんな風に熟していくんだろう。
なんか、すごく楽しみになってますね。



いい男になったね
そしてこれからも ますますいい男になってくね

まだ青さの残った葡萄
実りの時が楽しみです


テキストには泣かされたけど
写真の数々も ほんと泣けるほどいいよね

息を呑むほど完成された美ジュショット
大好きな大好きな 口の端くいっとあげた挑みの表情
13歳のあの頃と ちっとも変わってない笑顔
香り立ちそうなオフショット
ぜんぶぜんぶ大好きです

でも 実はいっちゃん好きなのが

ディレクターズチェアに
スーツでおばあちゃん座りしちゃってる亀だったりもするんだよ ぷぷっ(*^^)v


亀梨和也主演「神の雫」Photo Book (講談社MOOK)亀梨和也主演「神の雫」Photo Book (講談社MOOK)
(2009/03/03)
不明

商品詳細を見る


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://natsume0223.blog112.fc2.com/tb.php/605-ea2768e8
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。