--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

smokin'

2009年04月03日

オンエア時は親子で目ショボショボだったので

改めてコン打ち合わせ風景を見ることに

昨日の昼から亀ソロ妄想が
とどまる所知らずの大驀進中なので

勝手にヘトヘトに疲れてしまったこの身体

黒ブチ眼鏡で健気にツッコミ入れるぽえ~んな亀ちが
癒しになるんではないかと思いつつ

首にぶら下げたティアドロかけた亀想像してまたバクバクか!?

とか思って流したら

いまさらですが

(☆o☆)

仁聖くわえ煙草!!!

なんじゃこの真っ向ナチュラルな かっけー二人!

近々卒倒予想必至のPOPEYEでも
くわえ煙草ショットがあるという噂も聞きましたが

綺麗に額に収めたダンディズムより
私はこーゆーナチュラルな男っぽさを漂わせるじんじんに弱いのですよ

こーきも然り

お二方とも
タイプは違えど、美形ラインのお顔の作りしておられるクセに
そんなことは半分知っても知らずも
やりたいよーに伸びやかにしている時の
男の色気が漂いまくってる

その様子が有無を言わせぬほどかっこいい

殊にじんじんは
おにんぎょさんのような愛らしい要素も持つお顔立ちだから
オスマシじんじんには感心こそすれ私はあまり萌えないんだな

暴言ついでに 今回のソロ

care 待望のCD音源化
おそらく仁担様方々始め
皆さま狂喜乱舞だったに違いない
私だってうれしかったよ

でもなんだかちょっぴり残念な気もして

今回のコン 私は勝手に
デビュー以来KAT-TUNの正念場だと思っているんだけど

真顔コン
じんじんには辛いコンだったよね
そして引っ張り張り抜く亀とデビューコンの感動は、
私には極上だったけど
それはそれで100%KAT-TUN らしさが溢れてるとは言い難かった

漫画コン
なんといっても お帰りじんじんコンサート
再び強い絆で迎え入れたゴクーンと
殊勝なじんじんに
何を観ても何を聴いても泣けてきた

女王コン
ウェルカムバックロクーン真っ当に横並びの楽しさ満載
仁と聖がぐいぐい引っ張って 
ライブというものの底抜けの楽しさを演出してくれた
亀ち 安心してひとり遊びが
ゆったりうれしくもあり 
反面 ちょい物足りなさが残らなくもなく^^;


で! 今回だよ
前人未到の東京ドーム連続8日間なんて記録挑戦はともかく
切り込み隊長こーきを筆頭に、
仁が攻め 亀が攻め ツートップが鎬を削る緊張感
個々の活動で得た大きな武器を携えた竜雄
で ライブの盛り上げ・踊らせたらピカイチじゅんの
これだけ実力と魅力を兼ね備えたロクーンが
せーの!で切り込んでいくスケール感と攻撃力
こんなイメージが確率されないと 
歌唱力とライブが生命線のKAT-TUN は
デビュー3年目の大きな山を越えられないような気がしてた

だからなおさら 個々の魅力が際立つロクーンのソロは
他のグループより重要な意味合いを持ってると思うんだよね

そんな中での care リニューアル
みんなが新しい手法で攻め入る中
敢えて伝家の宝刀を抜く 赤西仁くんの真意や如何に?
と 思ってしまった気持ちは否定できないの
なにごとも勢い・想い溢れた初っ端よりも
リメイク・再演は ことさら難しい

でも 可笑しいかもしれないけど
この くわえ煙草じんじんを見てしまった今

これだけナチュラルに気負いもなく
でも ため息が出るほどパーフェクトにキメられるじんじんなら
きっときっと 最高のcare を披露してくれるのではないかなと
確信してしまったよ!

後から 気まずそうにタバコの箱 ハットで隠してるじんじんもカワユス(^^)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://natsume0223.blog112.fc2.com/tb.php/630-f5660b7d
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。