--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音でつなぐ運命がRock ur body

2010年01月30日

Dモ@Mステ 天晴れ!

ほぼ1年ぶりの新作

歌って踊るKAT-TUN

彼ら やっぱり お見事としかいいようがないっす

ただでさえ 6人の美ジュ
アベレージ絶好調に達しているのに

だって ミニステ観た時
なんてKAT-TUNってかっこいいの! と
思わず叫んじゃったもん

ここまでやってくれると
ただただ TVの前で感服して 
足ジタバタしてキャーとしか言いようがないっしょ



D-MO

正直 カウコンで初めて聴いた時はね

upperなグルーブ感がLiveではめちゃめちゃ楽しかったんだけど
これだけ待たされた新曲で
KAT-TUNの声を堪能できないのは 
シングルとしては寂しいんではないかい?
と ちょっと不安にもなったの

まぁ その後のラブユア披露で吹っ飛んだけどね

でも ズームちょい出しPVで 
クラブノリの楽しさ めっちゃ伝わってきたし

これがカップリングだっていう心地よいトライが
やっぱりKAT-TUNの 音楽に対する懐の深さと
楽曲に恵まれた幸福感を ものすごく感じた

仁亀に限らず 各メン 声・歌には 
アイドル水準をハルカに超えた資質と向上心を持つ彼らに
敢えて 生声に足かせかけることによって
魅せる楽しさ ノる楽しさを
伝えることができる化学反応

じゅうぶんわかっちゃいたけど
やっぱ KAT-TUNって とてつもないエンターテイナーなんだ

今まで長いこと
彼らの個性の強さ 
同じ方向に向かおうとしないアイデンティティの太さを
ずっと 楽器を持たないバンドに頭の中で例えてきたけど

もしかしたら 彼らは
6人束になることによって
マイコーに続くエンターテイナーとして存在できるのかもしれない

あ 今 世界中の音楽ファンを敵に回したかも^^;

でもさー
私にとっては
THIS IS IT 観終わった時と
同じテンションの感動と 
音楽ってやっぱ楽しいなーっていう高揚感があったよ

これで彼らが 
KAT-TUNとしてのものづくりに 
マイコーと同じ位のストイックさを身につけたら
それも あながち夢じゃないってこと(^_-)-☆


自分の突き詰めたいもの以外に 
ストイックにならない彼らだから
MJみたいに 崩壊するほどストイックになる心配はないだろーから
ある意味安心だけどね


まぁ いろいろ書いてても
ここまで 大きく出ちゃうほど
今夜のKAT-TUNのパフォーマンスは素晴らしかったってことだ

たかがアイドル
されどアイドル

どこの土壌にいても 音の波にゆだねさせて
そのパフォーマンスを魅せられる素晴らしさは
すごい才能なんだもん

たぶん 
私が ジャニーズにこれっぽちも興味のない人生だったら
あー KAT-TUNもついにネタ切れで
Perfumeみたいなことやりやがったな
とか 思うに決まってる

でも きっと
このパフォーマンス観続けたら
絶対 気づけば踊りたくなると思うんだよね

ジャニ内では どんなにダンスや歌が突出してても
一般レベルで考えたら
彼らより 歌が上手い人たちも ダンスグループもごまんといる

ここが KAT-TUNの大きな武器なのかもしれない

加えて
隙のないビジュアルとセンスのレベルの高さ



特筆すべきは

ヲタ以外には ヒジョーに伝わりにくい
仁の テンションの高さ( ̄ー ̄) ニヤリ

ここんとこ
LANDS LIVE ソロコン準備と
独りの世界の表現に浸って光りすぎてるから
仁の魅力が KAT-TUNで浮きすぎやしないかと
うちの娘は 本気で心配してたらしい

まさか 仁のことだから
やっぱり6人でよかった(*^^) なーんて
歯の浮くようなことは思いもしないだろーが 笑

仁は やるときゃやる子だから
私は全然この曲には心配梨だったけど
めちゃめちゃ気合入って楽しい仁のemotionalが
ひしひしと伝わってくるうちに
やっぱり KAT-TUNは 仁のベースのひとつなんだなと
やけにうれしくなってきた





こーきの 最強ビジュアルとダンス能力の高さ

ヲ友も大絶賛だったので期待してたけど
期待以上でしたよ
 
なんで あんなにかっこよす なんだよぉぉぉ

まじかっこよすぎて 泣けてきた

あの髪型 ハンパないんですが(´Д`)

だってトサカに編み込みだよぉ?
一歩間違わなくてもヤンキーなんだけど
すんでの所で 
めちゃめちゃスタイリッシュに転化できてるという曲芸

こんなかっけー聖と 美しい亀の
曲紹介「どぞ♪」 までコンプリしてくれてThanks






音を奏でる楽しさを 身をもって十二分に知ってる
たっちゃんの笑顔
+声  
 ↑
 ここまでヴォコーダーに効果が出る声とは思ってなかった
 うれしい発見!






いつもながら感心する じゅんのの華のあるアクロ

田口囲みメンショットも超新鮮







でねでね  

ゆっち
聖と双璧を成す ロボットダンスの王子だと常々思っているんですが

この得意技に加えて
♪きーみと踊りたいっ
JUMPもひれ伏す あの正統派アイドル最上級の愛らしい笑顔

いや ほんと
中丸さん やるときゃやればできるんじゃーん☆






そしてっ(≧▽≦)(≧▽≦)(≧▽≦)

私的に最強 亀の放つ

腰ーっ! 

アゴのラインーっ!

その曲線ステップーっ!

ハーフアップのうなじーっ!

口っ 目っ

あー もう全部☆


なんだろね

仁聖の黒っぽいグルーヴと
亀の 歌謡曲っぽいベタな妖艶さのMIXが
なんでこんなにも KAT-TUNの骨を太くさせるんだろう

と 亀ばかは いつも感心してしまうわけですよ


おまけに

スナコちゃん&ひろしくん所有
スカルグラサン持ち出し技の愛しいことヽ(〃v〃)ノ

例によってMステオンタイム拝見は まず無理なので
ヤマナデ鑑賞後にMステ観たもんだから
思わず 娘と2人で 「スナコちゃーん♪」 と指差しちゃったよん

そっかっそっか
5およよの まぶしい対策はこれだったわけだ(^m^ )クスッ

持ち出しひらめいちゃった時の亀ってさ
きっと マンガみたいに頭に電球点いちゃってるんだろーね

それをスタッフさんに伝える素早さも
例えば 1582で口紅持ってない? って聞いた時位
ソッコーだったんだろーなぁ

だって スカグラパフォーマンスのがんばりようLOVE

あの攻めの目→どや顔  最上級ですわ

そんな亀が 大大大大大好きっ♪


KAT-TUNに酔って
亀になお酔って

まさしく
まだ終わらない What a party night


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://natsume0223.blog112.fc2.com/tb.php/836-12687b9e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。